Pub Antiquarian 『新青年』研究会のブログ

『新青年』研究会の最新情報をお伝えするブログです。

"ママテツクラブ作品展 ~新しいジオラマのカタチ~” NEW!

小松史生子さんが、以下の展覧会に作品を出品されます。


"ママテツクラブ作品展 ~新しいジオラマのカタチ~

期日 2022年6月25日(土)〜7月10日(日) 

時間 10:30〜19:00(木曜定休日)

場所 さかつうギャラリー

   〒170-0002
     東京都豊島区巣鴨 3-25-13 クラブリーシュ1階

      (JR・地下鉄三田線 巣鴨駅下車 徒歩3分)

 

 

※ママテツクラブ作品展のページもご覧ください。

sakatsu.jp

 

"Vernissage de Akira Nishiyama" NEW!

★ 西山彰さんが、フランスのパリで個展を開催されます。

6月22日 1:00~6月22日 3:30 UTC+09

Vernissage de Akira Nishiyama

Galerie SATELLITE
 
Akira Nishiyama
Vernissage Mardi 21 juin
Galerie Satellite
 

www.youtube.com

 

★以下のページも、ご覧ください。

www.facebook.com

galeriesatellite.jimdofree.com

『新青年』趣味22号の通販が始まりました。

★『新青年』趣味22号の通販が始まりました。以下の場所で扱っています。

よろしくお願い申し上げます。

 

書肆盛林堂

seirindousyobou.cart.fc2.com

文生書院

www.bunsei.co.jp

 

日本の古本屋

www.kosho.or.jp

 

アマゾン

https://www.amazon.co.jp/%E3%80%8E%E6%96%B0%E9%9D%92%E5%B9%B4%E3%80%8F%E8%B6%A3%E5%91%B322%E5%8F%B7-%E6%A9%98%E5%A4%96%E7%94%B7-%E7%A7%98%E5%A2%83%E3%83%BB%E5%86%92%E9%99%BA-%E3%80%8E%E6%96%B0%E9%9D%92%E5%B9%B4%E3%80%8F%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A/dp/B0B2WH36LM/



 

新青年』趣味22号 表紙 西山彰「橘外男『マトモッソ渓谷』より」

    特集「橘外男  秘境・冒険」

 

Contents(A5判・368ページ)

橘外男の単行本未収録作品集について               名嘉真春紀
高崎中学時代の橘外男
   ――高崎中学校友会誌『群馬』に掲載された投稿について――       湯浅篤志 
橘外男と優しい「幽霊」たち──「怨霊」と「優霊」の間――             乾英治郎 
詩による評伝  鎮魂歌的な想いを込めた橘外男考                 天瀬裕康 
書誌:橘外男著書目録 生前篇(その一)                      中島敬治

橘外男作品紹介    

酒場ルーレット紛擾記/博士デ・ドウニヨールの「診断記録」/野性の呼ぶ声/
米西戦争の蔭に/怪人シプリアノ/春の目覚め/逗子物語/蒲団/聖コルソ島復讐奇譚/生不動/ナリン殿下への回想/幽魂賦/地獄への同伴者/「死の陰」探検記/祖国を脱れて/マトモッソ渓谷/令嬢エミーラの日記/燃える地平線/亜米利加からの手紙/新京・哈爾賓赤毛布/墓が呼んでいる/陰獣トリステサ/ウニデス潮流の彼方/妖花イレーネ/青白き裸女群像/コンスタンチノープル/五十何番目の夫/皇帝溥儀/人を呼ぶ湖/亡霊怪猫屋敷/双面の舞姫/棚田裁判長の怪死/若かりし時/甘粕大尉とその子分/仁王門/私は前科者である/私は呪われている/予は如何にして文士となりしか/棺前結婚/ある小説家の思い出

                    
         ◇                                                      
 久生十蘭『地底獣国』論――魔境冒険小説からの逸脱――        阿部真也 
 小栗虫太郎〈北洋小説〉の展開                          鈴木優作 
 はぐれ貴族のテロル
      ――横溝正史『怪獣男爵』と戦後の華族をめぐる一考察――           柿原和宏 
「萬國の王城」「第九の王冠」に影響を与えた『謎の国外蒙古』について   平山雄一
 渡辺啓助追跡(8)――東亜考古学会蒙古調査班『蒙古高原横断記』――     浜田雄介
         ◇                                                      

新青年』は、なぜ「新青年」と名付けられたのか。             湯浅篤志
 江戸川乱歩『湖畔亭事件』論――「片山里」の風景と人情――           穆彦姣 
 続々続・横溝正史作品に登場する中村進治郎の影                     村上裕徳
 映画・戦争・渡辺温――〈群衆〉なき〈戦争〉――            杉本裕樹
 フロイト言説からみる林髞木々高太郎の差異                         樽本真応
 岩田準一研究ノート
  ――二〇二一年一〇月鳥羽火災による江戸川乱歩館の復興に関連して――    森永香代
『夫婦生活』あれこれ                               黒田明
 書誌の補遺                                             黒田明
新青年』翻訳リスト昭和編その三                      沢田安史
 しゃっくりをする蝙蝠男                               八本正幸
 追悼 星野和彦・宮下和夫・大谷羊太郎・西村京太郎                           黒田明
 池田智恵・著『近代中国における探偵小説の誕生と変遷』を読んで、
 日本に江戸川乱歩が登場しなかった場合を考える             村上裕徳
        ◇                                                      
 くぉ ゔぁでぃす 批評・紹介・感想

   井上貴翔「日本における〈指紋小説〉の展開(1)」
   鈴木優作『探偵小説と〈狂気〉』
   髙橋正雄「精神医学的に見た近代日本文学」
   影山亮「占領下の時代小説ジャンルにおける〈新古交代〉言説」
   井川理「犯罪・活動写真・探偵小説」
   小松史生子江戸川乱歩『孤島の鬼』の着想を巡って(補遺)」
   内藤寿子「児童雑誌の戦中・戦後」
   藤井淑禎『乱歩とモダン東京』
   神奈川近代文学館「永遠に「新青年」なるもの」 
   戸川安宣『ぼくのミステリ・コンパス』
   レジス・メサック/石橋正孝訳『〈探偵小説〉の考古学』
   山梨県立文学館『ミステリーの系譜』
   くまもと文学・歴史館「横溝正史展」  
   槙野佳奈子「レジス・メサックの博士論文とヴァルター・ベンヤミン
   遠藤正敬『犬神家の戸籍』
   探偵小説研究会『CRITICA』第16号
   水上勉不知火海沿岸』
   松田祥平「通俗小説が架橋する探偵小説と〈文学〉」
   風間賢二『怪異猟奇ミステリー全史』
   さいたま文学館山手樹一郎の世界」 
                      
 横道通信 会員の近況・例会記録・情報掲示板                    
 編集後記     

 

森下雨村訳『謎の無線電信』

★ 湯浅篤志さんが、森下雨村・訳『謎の無線電信』(ヒラヤマ探偵文庫21)の解説「森下雨村の「謎の無線電信」について」をお書きになりました。

 

 

森下雨村・訳『謎の無線電信』、ヒラヤマ探偵文庫21、新書版104ページ、2022年5月発行

 

※書肆盛林堂のHPをご覧ください。

seirindousyobou.cart.fc2.com