Pub Antiquarian 『新青年』研究会のブログ

『新青年』研究会の最新情報をお伝えするブログです。

「江戸川乱歩「孤島の鬼」の着想を巡って(補遺)」NEW!

★ 小松史生子さんが「江戸川乱歩「孤島の鬼」の着想を巡って(補遺)」を、『金城日本語日本文化』第97号(金城学院大学日本語日本文化学会)に寄稿されました。

 

f:id:sinseinen:20210326124848j:plain

 

・『金城日本語日本文化』第97号、金城学院大学日本語日本文化学会、2021(令和3)年3月1日発行

「竹腰家と首塚――尾張藩の幕末」NEW!

★ 小松史生子さんが「竹腰家と首塚――尾張藩の幕末」を、溝口常俊 編著『名古屋の江戸を歩く』(風媒社)に寄稿されました。

 

f:id:sinseinen:20210324053233j:plain

 

・溝口常俊 編著『名古屋の江戸を歩く』、風媒社、A5判並製157ページ、本体価格¥1,600(税別)、2021年3月25日発行

 

名古屋の江戸を歩く (爽BOOKS)

名古屋の江戸を歩く (爽BOOKS)

  • 作者:溝口常俊
  • 発売日: 2021/03/15
  • メディア: 単行本
 

 

※風媒社のHPも、ご覧ください。

www.fubaisha.com

 

『いのち』NEW!

★ 末國善己さんが、末國善己編『いのち』(朝日文庫時代小説アンソロジー朝日文庫)の「解説」をお書きになりました。

 

f:id:sinseinen:20210315052610j:plain

 

・『いのち』、朝日新聞出版、2021年3月30日発行、本体840円+税、ISBN:9784022649874

 

 

朝日新聞出版のHPも、ご覧ください。

publications.asahi.com

「日本のミステリーを開花させた二人 小酒井不木と江戸川乱歩」

小松史生子さんが、阿部崇さんとともに、3月21日(日)に開催される「日本のミステリーを開花させた二人 小酒井不木江戸川乱歩」で講演をされます。

 

日時 3月21日(日) 13:30~16:00

場所 蟹江中央公民館

   中央公民館 - 愛知県蟹江町公式ホームページ

 

内容と講師

阿部崇さん   「時代を超えて読み解く小酒井不木

小松史生子さん 「江戸川乱歩から見た小酒井不木」 

 

定員 180人(入場無料)

申し込み 3月14日までに蟹江町民俗資料館へ(応募者多数は抽選)

https://www.town.kanie.aichi.jp/soshiki/18/rekishiminzokusiryoukan.html

 

f:id:sinseinen:20210309120346j:plain

 

※阿部崇さんの「奈落の井戸」もご覧ください。

fuboku.o.oo7.jp

”横浜開港アンデパンダン展実行委員有志展 緊急事態2021展”

★ 西山彰さんが、”横浜開港アンデパンダン展実行委員有志展 緊急事態2021展”に作品を出品されています。

 

”横浜開港アンデパンダン展実行委員有志展 緊急事態2021展

期日 2021年3月2日(火)~3月8日(月)

時間 11:00~18:00 (初日13:00~、最終日17:00まで)

場所 万国橋ギャラリー

f:id:sinseinen:20210303114336j:plain

 

万国橋ギャラリーのHPもご覧ください。

www.bankokubashi-gallery.com