Pub Antiquarian 『新青年』研究会のブログ

『新青年』研究会の最新情報をお伝えするブログです。

トーキングヘッズ叢書

「その名はルチア〜シャーロット・ランプリングと高樹澪」「「天才は狂気なり」という学説を唱え、犯罪人類学を創始した奇矯な精神病理学者 チェーザレ・ロンブローゾの思想とその系譜〈44〉」

★ 八本正幸さんが、「その名はルチア〜シャーロット・ランプリングと高樹澪」を、村上裕徳さんが、「「天才は狂気なり」という学説を唱え、犯罪人類学を創始した奇矯な精神病理学者 チェーザレ・ロンブローゾの思想とその系譜〈44〉」を、『トーキングヘッズ…

「アルファヴィルから第四惑星、そして帝都東京へ〜実相寺昭雄が描き出した幻想都市」「「天才は狂気なり」という学説を唱え、犯罪人類学を創始した奇矯な精神病理学者チェーザレ・ロンブローゾの思想とその系譜〈43〉」

★ 八本正幸さんが、「アルファヴィルから第四惑星、そして帝都東京へ〜実相寺昭雄が描き出した幻想都市」を、村上裕徳さんが、「「天才は狂気なり」という学説を唱え、犯罪人類学を創始した奇矯な精神病理学者チェーザレ・ロンブローゾの思想とその系譜〈43…

「『スタンド・バイ・ミー』と『大魔神逆襲』-束の間の少年だけの王国」、「「天才は狂気なり」という学説を唱え、犯罪人類学を創始した奇矯な精神病理学者チェーザレ・ロンブローゾの思想とその系譜〈42〉」

★ 八本正幸さんが、「『スタンド・バイ・ミー』と『大魔神逆襲』-束の間の少年だけの王国」を、村上裕徳さんが、「「天才は狂気なり」という学説を唱え、犯罪人類学を創始した奇矯な精神病理学者チェーザレ・ロンブローゾの思想とその系譜〈42〉」を、『ト…

『わたしが消える』のレビュー

★ 八本正幸さんが、『トーキングヘッズ叢書』No.85 (アトリエサード発行)の巻末の「特選品レビュー」のコーナーで、佐野広実さんの『わたしが消える』(第66回江戸川乱歩賞受賞作)のレビューをお書きになっています。 ・『トーキングヘッズ叢書』No.85、A5…